DSM-5(アメリカ・ギャンブル依存症診断基準)

DSM-5(アメリカ・ギャンブル依存症診断基準)

1.(ギャンブルによる)興奮を達成するために、貨幣(賭ける金額)の量を増やしても賭ける事を必要とします。

2.ギャンブルを減らしたり止めたりしようとすると落ち着きがなくなり過敏になります。

3.ギャンブルをコントロールする、減らす(カットバック)、または停止しようとしても繰り返し失敗をします。

4.ギャンブルについて考える事が多く(知識も)精通しています(たとえば、過去のギャンブル経験の覚えが残っていること、次のヤマを手掛けたり計画する、ギャンブルするためのお金を得る方法を考えるなど)。

5.苦しみを感じると賭けることが多くなります(無力、有罪、不安、うつ)。

6.ギャンブルで負けた後、自分の損失をいつまでも追いかけようとします。(取り戻そうとする)

7.ギャンブルへの関与を隠すそうとします。

8.ギャンブルのために、重要な関係、仕事、教育またはキャリアの機会を危険にさらしたり、失ったりしています。

9.ギャンブルによって引き起こされた切羽詰まった財政状況を緩和するために(他人に頼って)お金を借りようとします。

以上9項目のうち

軽度:4-5の基準を満たす。

中程度:6-7の基準を満たす。

重大:8-9の基準を満たす。