PartsTodayより〜アメリカで、薬物の服用による死者数が急増

アメリカで、この数十年、薬物の過剰摂取による死者数が急増しています。

USニュースによりますと、この数日、米国医師会雑誌JAMAに掲載された、アメリカの死亡者情報センターの調査は、1980年から2014年までの間に、アメリカにおける薬物の過剰摂取による死亡率は618%増加したことを示しています。

この報告によりますと、アメリカの一部の地域では、この死亡率は5000%を超えているということです。

アメリカのニューヨークタイムズ紙も今年1月、アメリカは史上最悪の麻薬中毒による危機に瀕しており、一日に100人が麻薬の乱用により死亡していると報じました。