平成30年10月27日 京都教室 文科省 平成30年度「依存症予防教育推進事業」

京都教室(予定案)

日程
平成30年10月27日(土)13:00~17:00

会場
龍谷大学 深草キャンパス 紫光館

講師
小林 桜児 氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長
橋元 良明 氏:東京大学大学院情報学環・教授
薬物依存当事者・家族
ネット依存当事者・家族

新しい依存症予防教育教育
関係者や保護者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。

依存の問題は、薬物だけでなくインターネット、ゲームなど幅広い分野に広がっています。実は私たちの身近にある依存について、一緒に考えてみませんか︖

ハマってしまう背景に何があるのか。予防には何が大切なのか。経験豊富な支援者、依存経験者、家族の視点から情報を共有し、皆様と一緒に考える新しいタイプの予防教室です。

地域で予防や支援に関わってる方はもちろん、依存症って何︖ と思っている方もぜひご参加ください。

プログラム詳細

13:00~ 開会あいさつ・来賓あいさつ
13:35~ 薬物依存当事者(青森ダルク)
13:50~ ネット・ゲーム依存当事者(手記又はビデオ)
14:05~ 薬物依存者の家族(青森家族会)
14:20~ ネット・ゲーム依存とは(橋元 良明 氏:東京大学大学院情報学環・教授)
14:55~ 休憩
15:00~ 薬物依存症とは(小林 桜児氏:神奈川県立精神医療センター専門医療部長)
15:35~ トークセッション(司会 近藤 京子 氏)
16:25~ アンケート記入・閉会

後援


小中学校・高等学校で薬物乱用防止教室が開かれていますが、「単発で時間が短い、保護者が集まらない」などの課題が指摘されています。又“ダメ。ゼッタイ。”の視点だけの予防教育だけでは、薬物に手を出してしまった若者やその家族を地域から孤立させ、医療につながる道を閉ざしかねず、地域社会の回復力を逓減させていきます。更に、ネット依存やゲーム依存の広がりは大きく、保護者は大きな不安を抱えています。

そのような中、3つの自治体(青森県、京都府、千葉県)で「依存症予防教室」を開催し、保護者や教育関係者、地域住民に依存症に対する正しい理解を深める場を提供します。そして、医療従事者等と共に依存症当事者やその家族の経験を伝え、回復の困難さとともに依存症は回復できる病であることを伝え、地域の相談支援体制の重要さへの理解を促し、地域の予防教育資源である教育者、保護者、当事者、支援者等の連携の一助になるよう「依存症予防教室」を取り組みます。