Dr.Smithが残した言葉 NADA SPIRITとは

EVERYONE has the RIGHT to be

Drug free      Guilt free      Shame free

WE ARE ALL SACRED

直訳すると

「すべての人は、薬物 罪悪感 恥辱感にとらわれない権利を持っている。私たちは皆神聖な存在である。」

これが、Dr.Smithの思いなのです。

いかなる理由で依存症になったとしても、その人が持っている権利を、絶対に無視してはいけない、ということ。

どんな疾患でも、どんな症状でも、どんな背景があろうと

目の前の人が絶対的に持っている権利を尊重しなければいけない。

それは、その人が「人である」ということ。自分と同じ「人」であり

その人の存在は自分と同じように尊いのだということ。

 

NADA とはそういった思いで世界でつながっている団体です。

単に「5NPに鍼打てばいいんでしょ?」では無いのです。